秋高馬肥

天高く馬肥ゆる秋と言いますが、夏の暑さから解放されて食欲が増すせいか、四季の中でも秋は特においしいものが多いイメージがあります。
スーパーやお惣菜屋さん、お菓子屋さんを見ても、秋らしい商品でいっぱいです。

その中でも、私は、きのこを見ると秋を感じます。
今は通年で手に入りますし、特に「秋限定!」というものでもないのですが、何と言うか、きのこのあのカタチやニョロリと生えているたたずまいが、のんびりした秋の雰囲気を感じさせてくれるのです。

京都でもきのこを使った商品を出していて、八百屋さんからきのこを買っていますが、今後もまだ、きのこ商品が増える予定です。

今でもそこそこまとめ買いしているので、更に発注数が増えると、もう、きのこ屋さんでも開ける勢いです。(大袈裟かな…)

さて、ここで各種きのこの中国語名でも披露したいところですが、私は今までの中国語生活で、きのこは全て「磨菇 mógu(=きのこ)」という一単語だけで事足りてしまっていました。
個々のきのこの名前など、出すことがなかったんですね…。
しいたけも、フクロダケも、マッシュルームも、全部「磨菇」!

個々の名前を言っても相手が知らない事もありますし、いっそわかりやすく「きのこ」の方が通じやすかったりもするのです…。

img_4258