本気サイクリング

11/24 わたしがお世話になっている自転車やさん主催の、早朝サイクリングに参加してきました。

ここは、オーナーさんと、わたしと同い年の男の子が二人でやってるお店。

お二人はよくプチメックにも来てくださっていて、

「フォカッチャサンド(御池店の商品)は最強っスからね〜」といつも言ってくれてる同い年の子は、わたしとおなじ広島出身。

ということもあって、自転車のことは全部こちらのお店に持ってくようにしている。

img_6165

朝、七時半にお店に集合。

きょう集まったメンバーは、

病院で働く女の子、大学生の男の子、美容師のお兄さん、自転車屋のお二人と、わたしの6人。

目的地は、東福寺と宇治。

 

「そのへんを話しながらぷらぷら走って、朝御飯でも食べて、2時間くらいで解散するんだろうな。」

と、手ぶら&『ちょっとそこまで』の格好で出てきたわたしは、手渡されたマジなヘルメットをかぶってあべこべな感じになる。

 

自転車で走る時は一列になって、先頭の人の手信号(右折、左折、スピードおとして)にしたがって目的地をめざす。

 

後ろを走る女の子とおしゃべりしたかったけれど、付いてくのに必死、はじめての風景にキョロキョロしたいけれど、事故しないよう集中しなくちゃならなかった。

到着したら、くたくた。

頭のなかでは、どうにかして自転車を乗せて電車で帰れまいか、、 なんてことを考えていた。

 

八時半開門の東福寺は、朝からチケット売り場に行列ができていた。

京都はもう観光シーズンに突入したんだな。

もみじだらけで人だらけ。

img_6164

赤も黄色もきれいだなあ。

img_6163

もみじではしゃいで観光もそこそこに、出発。

 

宇治まではさっきの道とはちがい、坂をのぼってくだって、橋をわたって、という険しい道のり。

ギアをかえてペダルを軽くして、坂道をぐいぐいのぼる。がんばって登りきったら下り坂をぴゅーっとくだる。

img_6162

宇治のほうは道が広くて、空も広く、走っていてきもちいー!という気分になる。

京都の街の中って、人も建物もぎゅぎゅぎゅっと詰まってるもんなあ。

 

 

目的地の三室戸寺(みむろとじ)。

さわると金運上昇、なでると健康長寿、といったでかい置物がいくつも置いてあって。

img_6161

ひととおり皆でさわる。

img_6160

東福寺よりも紅葉はすくなめだったけど、しずかで、ゆっくりノンビリとした時間が流れるお寺だった。
おひるはみんなで茶そばをたべる。

img_6159

お茶のあじはしないんだな。

 

帰りは、それぞれがお仕事へ、学校へ、と向かうために解散していって、最後は店長さんと二人で話しながら帰った。

「こんな距離走ったのはじめてやろ、やけど、みんなで行けばこわくないんよ」

 

休みの日はいつも、興味のある場所に出かけたり、グータラしたり、自分のやりたいことをしていたから

知らない場所に連れていってもらうのって、わくわくするな。

興味のないことをやってみるのも、大事かもなあ。
お店に到着したら、5時間サイクリングの後なのに涼しい顔で営業されていた。

さっきのが朝飯前なのかあ。。

お礼と挨拶をして、いつものぷらぷらサイクリングで直帰。お家でたくさん寝ました。

img_6158

いま流行りの「オバショット」。