bn_12cups

vol.8 ちょうど良い場所。

なんやかんやで、私がもっともよく利用するコーヒーショップはスタバだ。
といってもカスタマイズを駆使するマニアックさもなければ、My水筒みたいなのを持ち歩いているわけでもない。
たいていは、アメリカーノか抹茶ティーラテオールミルクノンシロップのどちらかを注文する。昔はペロッとひとつ食べれたシナモンロールも、今は相当お腹が減っている時しか頼めない。シナモンロールの特に中心が大好きだ。マカダミアナッツとホワイトチョコの大判のクッキーもはずせないが、最近は同じマカダミア系ならセブンイレブンのマカダミアクッキーの方がお気に入りだ。

どんどんコーヒー屋さんがオープンしているにも関わらず、結局スタバに行ってしまう。無意識に。
なぜか?スタバに行きたい!!ということではないのに…、
では、実際どんな時に利用しているかを考えてみると…、
ちょっとお茶しよう、待ち合わせ、出勤前の気持の整理、目的地と目的地の間の休憩やプランの練り直し、飲み会の〆といった時。
決してメインじゃないけど、次に進むために向かう場所である事に気づく。

私にとってスタバは気持ちをリセットするのに、ちょうど良い場所なのだ。

理由もシンプル、良い意味で没個性的だから、自由に過ごせて、気を使わなくていいし(マナーは守りますよ!)、お店に対して求めることも、期待することもなく、美味しいコーヒーか抹茶ティーラテオールミルクノンシロップをスムーズに出してくれるだけで良いのだ。愛嬌あるスタッフに接客してもらえたらラッキーと思うくらい。たまにカップに名前を書いてくれようとするが、あのサービスはいらない。

昔、勤めていた飲食店で社員になって間もない頃、京都プラッツ近鉄店(現在のヨドバシカメラ)に異動になった私は、ほぼ毎日出勤前にお隣の京都タワーの下にあるスタバに立ち寄っていた。アメリカーノを飲みながら、毎日松浦弥太郎さんのくちぶえサンドイッチを読んだ。
毎日同じページを暗記するくらい読んだ。そこには気持ちをまっすぐに保つ方法のような事が書かれていた。仕事は大好きだったけど、お局さま達と働くにはそういう時間が必要だった。あの頃スタバで過ごした時間は、いつも私の背中を押してくれていた。
自分のお店も、気持ちをリセットしたり、書き物をしたり、仕事をしたり、読書をしたり、お客さまが次へ進む準備ができる「ちょうど良い場所」であれたら最高だ。

スタバは好き嫌いが分かれるところ。全然行かないっていう人もいる。2008年に美味しいコーヒーの真実が公開されてから約10年、コーヒー事情は今どのような状況なのか、少しづつ勉強しているつもりですがわからないことが多いです。

5月からスタートした私のコラム、つたない文章にお付合い頂きありがとございました。
新年からはもっと言葉巧みに表現できるようがんばっていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
それではみなさま良いお年をお迎え下さい&メリークリスマス!!!

c_sbcoffee08


毎月20日公開 月刊『12×Coffeecups』
icon_coffeecups
とくだ あきこ
ソングバードコーヒー店主
京都出身。
飲食店、インテリアショップを経て、2009年に堀川丸太町にソングバードコーヒーをオープン。