title_mayumi

ひとつだけ

c_mm10-1

結局のところ、人の気持ちなんてわからない。という所に私はいる。
「わかる!わかる!」とつい言ってしまうし「こうしてあげたら喜ぶだろうな」と思って行動するし
「相手の気持ちを考えてる?」なんて生意気なことを注意したりする。
でも、相手がそう思って欲しいと思っている「私」がそこにいるだけの事がまだまだ多い。

中学の頃だったか、よく遊びに行っていた親友の家が隣の家の火事に巻き込まれていろんなものが燃えてしまった。
うらやましいくらい仲のいい家族だった。しばらくして仮住まいにお見舞いに行った時、一緒に行った友達が
彼女に「大変やったね。でも、みんなが無事で怪我もなくてよかったなぁ。助かったんだからよかったわ」と言った。
いつも温厚でニコニコしてる彼女が
「よかったなんて言わんといて。写真も燃えたし、大事にしてたものが全部水浸しになったんだから」と半泣きで言った。
心配していった言葉は、その時の彼女には全く届かず友達の気持ちだけが虚しく古い町屋の天井にふわふわしていた。
どちらも悪くないんだけど、辛く重い空気を感じ、
そして人の気持ちはわからないし、失くしたものの哀しさなんてわかるはずもなく
軽々しくはなくとも気持ちを言葉にするのは難しいということを思い知る。

悲しみも嬉しさも寂しさも愛おしさも、後からじんわりやってくる。
ズバリその時には、よくわからないことなんじゃないかなと思う。ちょっとだけ遅れてわかることがある。
わかろうとする事が大事なんだと思って生きてきたけれど
勝手に考えて難しくしないで「わからない」でいいんだと思い始めてる。
ちょっと遅れてわかるはずだから。

少し前に古い日記や、手帳を思い切って捨てた。案外簡単に捨てられるもんだった。
昔作った布絵本が出てきたので、発表するには未熟なものですが今年最後に。
※黒猫はキャット、白猫はマオル、昔飼っていた猫の名前です。

c_mm10-2

c_mm10-3

c_mm10-4

c_mm10-5

c_mm10-6

c_mm10-7

c_mm10-8

言葉足らずや誤解、年をとると多くなるので気をつけたいと思う2016年。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今更だけど、サンドイッチが好きなことに気がつきました。
子どもの頃からよく連れて行ってもらったのが「サンドイッチハウス・グルメ
京都駅地下のポルタにあったのに。。。知らぬ間になくなってて探したら、大阪・阪急三番街にありました。

c_mm10-9

皆様、よいお年を。2017年も笑顔で過ごせますように。

「ひとつだけ」
https://youtu.be/qS9tn8QeMw0


著者プロフィール

月刊『IN THE POCKET』毎月27日公開
icon_mayumiモリカゲ マユミ

「モリカゲシャツの企画・販売係 面白いこと担当」

MORIKAGE SHIRT http://mrkgs.com

ebebe  http://ebebe.jp