masakitokuda

第十二回 SONGBIRD CURRY

先日、西山さんが「Instagram」に関する文章をポストされていました。以前から同じようなことをぼーっと感じていたので、今回はそれに乗っかる形となります。すいません。笑

西山さんも書いておられる通り、今や企業やお店などのサプライヤーとユーザー双方にとって、Instagramに限らず、Twitterや FacebookなどのSNSは、情報共有や商品訴求においてなくてはならない存在となりました。

自分のお店、SONGBIRD DESIGN STORE.も、もちろん例外ではありません。
特に、SONGBIRD COFFEEにとって、ここ数年の来客数の増加とSNSでの露出はほぼシンクロしています。そんな中でも、「SONGBIRD CURRY」は、最もSNSの恩恵を受けているメニューの一つです。有難いことに、お昼時ともなるとかなりの割合でカレーをご注文頂きます。海外のお客様が、席に着くなり誰かのInstagramのカレー画像を指差して「This !」と、注文されることも珍しくありません。そして、ほぼ全員が必ず撮影されるので記者会見並みのシャッター音になることもあります。笑

c_songbird12

以前から、「あのカレー(の見た目)はSNSでの拡散を狙って作ったのか」というようなことを、よく聞かれます。「はい、狙い通りです!」と言えれば格好いいのですが、正直に言えば全く予想していませんでした。笑

と言うより、SONGBIRDの開業準備をしていた2008年当時、TwitterやFacebookは日本語版がリリースされたばかりでほとんど普及しておらず、 InstagramやLINEに至っては、まだ存在すらしていませんでした。まだまだSNSを訴求手段の中核と考える土壌は、一般的には出来ていない状況でした。

そもそもカレーをメニューに加えたのも、僕たちの中で「コーヒーと言えばカレー」という単純な考えからです。あくまでコーヒーが中心です。凄く美味しいカレーが出来たけど、もっと美味しいカレーなんて京都には他にも沢山あります。そこで、見た目でも何か特徴が欲しいと考えました。デザイナーが運営するカフェだから、ちょっと見たことのないカレーにしたいなと気負っていた部分もあります。でもまずは、実際に食べてくれた人に「いいね!」と言ってもらいたいというシンプルな思いでした。試行錯誤の結果、ごはんの上にルーをかけて、フライドオニオンを巣に見立て、半熟たまごをその上に乗っけるあの「鳥の巣」スタイルにしました。

「SONGBIRD」という名前のお店で、たまごが乗っかったチキンカレーを食べる。「これ、鳥の巣みたいだな」とか、「SONGBIRDだからチキンなのか」とか、すぐ気付く人もいれば、後で「はっ」となる人もいるかも知れない。

「味」という感覚的な記憶と、「盛付け」という視覚的な記憶、あとはお店とモノ(料理)を結ぶ「ひも付け」があれば良いなと思って作ったのがあのカレーです。それを食べた人が、誰かにその事を伝える時に「美味しい」に加えて、「鳥の巣みたいな」とか「SONGBIRDだけにチキン」とかの補足情報があれば、より伝わりやすいかなと考えました。情報を整理して、機能に落とし込んだり、わかりやすく視覚化するのは普段のデザインと同じです。

もともと人は、体験したことを誰かと共有したくなるもの。 InstagramやTwitterなどが、その伝達をより簡単に、よりスピーディーに、より広範囲にしてくれたという(だけの)事です。実際、お店にとっては、こんなに有難い事はありません。本当に、素晴らしい時代になったなーと思いますが、伝えたい事が伝わりやすくなったと言う事は、同時に伝えたくない事も、すぐ伝わっちゃうという事実も忘れてはいけません。怖い時代になりました。どないやねん。

ただ、SNSでの反応のみを意識して何かを作るという事はしない方がいいかなとは思っています。一歩間違えれば、上っ面だけのペラいものになる恐れもありますし、そもそもそれは僕たちがやりたかった事ではありません。とはいえ、もはやSNSは僕たちの生活に完全に浸透していますから、無視するわけにもいきません。むしろ、そういった新しいツールやサービスによる拡散や批評に耐えうる強度の「もの」や「こと」を生み出せるようにならなければいけませんね。

というわけで、新年早々なんだか当たり前のことを長々と書いてしまいましたが、2017年もよろしくお願いします。

 


著者プロフィール
月刊連載『月刊 唄鳥』毎月5日公開
icon_songbird徳田 正樹
インテリア・プロダクトデザイナー
SONGBIRD DESIGN STORE.」代表

京都生まれ。大学卒業後、内装会社勤務を経て、1999年「IREMONYA DESIGN LABO」の立ち上げに参加。その後、2008年まで同社のデザイナーと代表を務める。2008年退社後、Masaki Tokuda Design.設立。2009年に、京都でカフェを併設したインテリアショップ「SONGBIRD DESIGN STORE.」開業。