KG+2017 KYOTOGRAPHIE サテライトイベント

『KG+2017は、KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭のサテライトイベントとして Award / Solo Show / Group Show /Special Exhibition /Associated Programの5つの写真展プログラムが開催されるフェスティバルです。KG+はオープンエントリー形式により、ジャンルや国籍の境界を超えた次世代アーティストの多様な表現を発信する刺激的なフェスティバルとして、第一回目のKYOTOGRAPHIE京都国際写真祭と同時期に毎年開催しています。
KG+の特徴は、京都の街が持つポテンシャルを活かした国内外のさまざまなアーティストによる展覧会はもちろん、グランプリ受賞者が翌年のKYOTOGRAPHIEに正式招聘されるAward制度、世界的な専門家によるポートフォリオレビュー参加へのサポートなど、作品レベルの向上、国内外専門家との多様な交流を促進し世界的なアートシーンへの扉を開く機会の提供と、写真文化の可能性を拡張する環境の醸成を目指しています。』(KG+ WEBサイトより引用)

そして今回初めて、ル・プチメックOMAKEの3Fを KG+2017 Awardの会場としてお貸しすることになりました。

ル・プチメック OMAKE(3F)|Le Petitmec OMAKE (3F)
Into the void|堤 麻乃
Into the void|Asano Tsutsumi
Open: 4/12-4/19

この期間中に、堤 麻乃さんによる『Into the void』という展示をご覧いただけます。
ぜひお立ち寄りください。

KG+2017 KYOTOGRAPHIE のWEBサイトへ

image02017