bn_romi

10年計画を立てる

次のオリンピックまで、あと3年っていうじゃないですか。

時間のスピードにただただ驚いています。確か決まった時は、5年位前で、震災の後の不安定な心もちだったり、私はまだ1歳の娘の子育て中で睡眠時間が不規則だったりする時期で、夜中にふとつけたベッドサイドのテレビに映った『2020年のオリンピック東京に決定。』のニュース速報を、シラケた想いで眺めていました。2020年のことなんて、遠い先のことのように思っていました。あの『お・も・て・な・し』の時から5年も経ったとは!本当にびっくりです。さて、この5年前の自分が、2017年の現状を知ったらどう思うかな、と想像してみました。

 まさか!東京から再び鎌倉に引越してるなんて!

 まさか!鎌倉のお店が移転してるなんて!

 まさか!スタッフの数が倍になっているだなんて!

 まさか!チョコ屋もとうとう始めるなんて!

と、自分の人生に驚きの連続です。占い師に言われてもちょっと信用できないくらいのめくるめく展開です。こんな風に自分の身に起こったことをちょっと振り返っただけでも5年で世界がガラリと変わってしまうこともあるのをすごく実感します。

基本的には未来に向けて、ものすごくポジティブな気持ちで10年計画をするのが私の趣味です。この趣味は留学を決めた21歳の頃から始めたものなので、結構年季が入っていて、人に話すとすごく興味を持たれるので、時々スタッフや他の人に向けて10年計画をしてあげることもありますが、やはりこれは自分でやるのが正解です。

ルールは簡単で、紙を用意して(チラシの裏でもいい)左に2cm幅位で3本縦に線を引きます。一番左の欄に、上から0、1、2、3・・・と10まで書きます。それに続くように左から2番目の欄には、2017、2018、2019・・・10年後まで書きます。2020年のオリンピックがあと3年後という実感が沸きます。その右の欄には、その年になる自分の年齢を書きます。10年後の年齢、結構ゾッとします。10年後のことなど考えるのは、なかなか大変なことですが、10年先に自分がそうできていたら楽しいなぁということを思い浮かべるだけです。旅行の計画をするような楽しみです。そこに行くためには、何年かかるかな、とかどんな準備が必要かな?と思いながら、10年計画の年表にいろんなことを書いて埋めていきます。着々と経験を積み重ねていけば、大きなことも実現しそうです。

ちなみに、この10年計画は、保存せず、思いついたときに書き直して更新するスタイルです。次に書く時忘れてしまうような計画は、大した計画じゃなかったということで、あっさりとあきらめます。計画はあくまでもその時の気持ちで。この10年計画を立てている時、夢を見ているようなワクワクとした一瞬が得られます。電車の移動のひまつぶしなどにぜひ書いてみてください。

c_romi13
*写真の10年計画は、事実と一切関係がありません。


著者プロフィール

月刊『いがらし ろみ の あまチャンネル』毎月29日公開

icon_romiいがらし ろみ

菓子研究家。1971年生。東京出身。
鎌倉・若宮大路と東京・学芸大学でジャムと焼き菓子の店を営む。
お菓子好きと怠け者と経営者とおかあさんとジュリーファンを行ったり来たりする毎日。