「東京」

春一番が吹くあたりから、何とは無しに心がざわつく季節…今年は特に不安と期待とが入り混じる感じ。
そんな3月になると、きまって聴きたくなる名盤。
サニーデイサービス、東京。

IMG_9811

こちらはリマスタリング盤ですが、まさにこのジャケット写真を見るだけで、タイムスリップ出来るくらい思い出深いアルバムです。
平凡な日常を素敵な風景に変えてくれるサニーデイサービス。
当時、まだ実家に住んでいた私は、VO.曽我部さんの歌う街の風景や時間を体感したくて、電車を乗り継ぎ乗り継ぎ、多分この街が曽我部さんの歌う街に1番近いんじゃないかと思っていた下北沢へ遊びに行ったりしてました。

今聴いてみると、曲を聴いて思い描くのは、別に下北沢ではなく、今自分の住んでいる街の風景になるという日常感…東京の空気に馴染んで来たのかな。

初めて東京でバスに乗った時は、挙動不振だったと思います。
地元のバスと違い、どこまで乗っても均一料金なのは一応知っていましたが、運悪く小銭がなくて、後ろの人を気にしながら千円札を両替したら、出て来た小銭がなんか足りなくて…でも後ろから人が迫ってるしと焦って運賃入れようとしたらバスの運転手さんに、あーもうもらったから入れないでくださーい…よくわからないまま赤面しつつ席に座り、両替後の小銭を何回か数えて…あっそうか!両替の時にもう運賃引かれてたんだ!!
と、降りる頃に気づきました。

このエピソードも、サニーデイサービスの東京をウォークマンで聴きながらの出来事だったので、鮮明に思い出します。

3月は何かと遠い目をしがちな季節。
私もチーフも。

IMG_9810