title_jyoro

子育て

先日インスタで抱っこひもメーカーの写真コンクールをみかけました

パパたちが抱っこひもをして、赤ちゃんを抱いている写真を募集していました

予選通過者の方たちの写真がアップされており

それはもう皆さん目尻にシワをつくってデレデレ姿でパパたちが写っていました

写真を見ながら思い出していたのですが

私が「抱っこひもして息子と出かけたりしますよ」とご年配のお客様に言うと

「うちの旦那はオムツも変えたことないし、子供は私に任せきり

抱っこひもをつけてパパと子供の二人でお出かけなんてなかったわ」と

平成の世の子育てに驚かれていました

いわゆる威厳があって怖い頑固な親父はもはや絶滅してしまったのかもしれません

私の息子はそろそろ1歳5ヶ月になり、体重も重くなり上手に歩けるようになったので

最近は抱っこひもの出番はなくなってしまいましたが

抱っこひもの中で安心してスヤスヤ眠る何とも赤ちゃんらしい姿も見れなくなり

息子の成長を嬉しくも少し寂しく感じていました

息子はやんちゃ盛りで

テーブルの上に登ろうとしたり、お茶をぶちまけたり

ママに「ダメでしょ!」と怒られてもニタニタ笑顔を浮かべて

余計悪さをしようとします

そんな息子を前に私はどんな父親でいるべきなのか

いわゆる昔みたいな威厳のある父親になりたいわけではないけど

男親として毅然とした態度でありたい

間違っても赤ちゃん言葉で「だめでちゅよー」なんて言いたくない

ちゃんと自分とは別の人格を持った人として接したい

将来はハタチを過ぎても一緒に遊びに行けるような関係であれば最高

そのためには自分も若い子の感覚に負けないイケてる大人になれればなぁ

長期戦となるこの子育ての正解は20年後までお預けかと思うと

気が遠くなるような楽しみがたくさんあるような・・

私の顔から眼鏡を奪い取り思いっきり眼鏡を歪めながら笑顔で走り回る息子

「こらー!!眼鏡は大事!」と言う私ですが

言葉では怒ってるようですが、ついついかまってくる息子に

私もにやにやしながらのこの言葉なので

これじゃだめだなーと思いながら

とーちゃんファイト!と今日も心の中で呟く

c_jyoro13


著者プロフィール

『月曜日のジョウロ』毎月13日公開
prof_jyoro橋溝 祐司 (はしみぞ ゆうじ)

京都生まれ 大学卒業後サラリーマンになるも一年で脱サラ
一転美容師になる。2007年独立してhair art jyoro設立。
2016年2月移転してジョウロと名前を変え丸太町智恵光院で一席のみの美容室を営業中
ジョウロ(HP)