title_mayumi1

Can’t Help Falling In Love

映画館で映画を月に1回は見る、という課題を自分に課している。見たいだけなんだけど。2017前半はノルマ達成中。
この間は「スウィート17モンスター」を京都シネマにて。主人公のネイディーンは、娘と同じ17歳。
17歳を2.5倍強生きた私も、思春期の出口のない迷路を歩き続け「私を見つけて!」と
叫ぶような気持ちを思い出せて、とってもよかった。青春ナウ!の娘にもオススメした。

青春映画や片思いのラブストーリーはとても好き。
懐かしどころでは「恋しくて(1987年)」「セント・エルモス・ファイヤー(1985年)」「恋人たちの予感(1989年)」
最近では、「シング・ストリート 未来へのうた」がとってもよかった。

物語もキュンなんですけど、音楽がとてもツボ。好きな映画はパンフレットよりSOUND TRACKを買ってる。
最近は、ポチッとダウンロード。便利なんだけど・・・ね。レコード・CD世代。
今思えば、レコードのレンタル屋さんにもよく通ったけれど、本当、信用してもらってたんだな、と思う。
手持ちのサウンドトラックを探してみたら・・・王道ばかりだけど12枚(ジブリ系と君の名はもあったけど・・・)

c_mm16-2
上:AMELIE / 恋する惑星 / なまいきシャルロット / ロッキー ホラー ショー
中:BAGDAD CAFE GREASE / ダンサー・イン・ザ・ダーク / SLIVER
下:Betty Blue / HIGH SCHOOL MUSICAL 2 / You’ve Got Mail / PHENOMENON

映画もサントラもダントツで好きなのは「GREASE」ストーリも軽快だけど、衣装も素晴らしい!
「オリビア・ニュートンジョン!なりたーい」と思ったものだ。
スウィート17モンスター」でもでてきてたけど、好きな子と一緒に「プロム」に出かけるのが、THE アメリカ。
京都だと、祇園祭に一緒に行って屋台を練り歩き、鴨川沿いを歩く・・・ってとこかな。
私が高校生だった頃の文化祭終わりの夜に、フォークダンスをする行事があったけれど
「○○君と○○さんが!!」という情報が飛び交ったり、目の当たりにして「どうせ、私なんか・・・」ってなるので
参加した記憶がほとんど無い。
唯一、一緒に踊ったのは、物理の服部先生(多分当時で50代後半)その時の思い出は先生がお香のような匂いがしたことだ。

憧れのプロム。。。好きな人に届かない、すれ違う思い(妄想)。。。
夏の始まりは切ないもの、ですな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
松彌さんの和菓子・金魚。「冷やし中華始めました」よりも、夏の訪れのお知らせを感じます。
c_mm16-3

大人一人でなかなか金魚すくいが出来ない。
かといって、ペットショップで買うのもな。。。と家の金魚鉢に金魚がいなくなって2年が経つ。

恋しくてー Can’t Help Falling in Love

 


著者プロフィール

月刊『IN THE POCKET』毎月27日公開
icon_mayumiモリカゲ マユミ

「モリカゲシャツの企画・販売係 面白いこと担当」

MORIKAGE SHIRT http://mrkgs.com

ebebe  http://ebebe.jp