bn_mako

水無月のこと。

 折々に季節や行事の和菓子が登場して、目でも舌でも楽しませてくれるのが京都の街の嬉しいところ。6月といえばなんといっても水無月だ。旧暦の6月1日は氷の朔日と呼ばれた氷の節句。平安時代や室町時代の宮中や幕府では、掘り出した氷室の氷を取り寄せて口に含め、暑気払いをしたという。けれど、貴重な氷を口にできたのは身分の高い人のみというのは想像に難くない。口にすることはもちろん、目にすることもできなかった庶民は氷を模した菓子を作った。それが水無月の始まりで、三角形で氷をあらわし邪気払いの小豆を上にのせた菓子。
 現在は6月30日に行われる、夏越の祓(なごしのはらえ)の菓子として食べられる水無月。夏越の祓は神社に用意された茅の輪をくぐって半年の厄を払い、残る半年の清浄を願う行事だ。ういろう生地に小豆というのが定番で、氷をイメージさせる白のほか、黒糖と抹茶をあわせた3つの味がポピュラーなもの。ういろうのもっちり感が強い寺町姉小路〈小松屋〉や、寺町仏光寺〈仙太郎〉が個人的には好み。〈紫野源水〉や〈京都鶴屋 鶴壽庵〉など葛製で涼やかさが際立つものもある。ほとんどの和菓子店で店頭に並ぶけれど、注意が必要なのは販売のタイミング。6月に入ると(中には1年中という店もあるけれど)早々に店頭をお目見えする店もあれば、30日のたった1日だけ作られる店もあり、月末の3日間だけという店もある。
 京都で雑誌のライターをしていると秋の京都特集などあって、1年で一番忙しい6月の終わり。うっかりしていると茅の輪をくぐり損ねたり、水無月を食べ忘れることもある。なんとなく厄を払い損ねたと気になって、しばらくはやきもき。今年はそんなことのないように、水無月を食べたいと思う初夏の頃。

IMG_2417


著者プロフィール

月刊連載『毎日くいしんぼう』毎月17日公開
icon_maco

大和まこ(やまと まこ)

京都在住のライター&コーディネーター。雑誌『&Premium』で「&Kyoto」を連載中。