kátte

本日は京都のこちらに行ってまいりました。荒神口通河原町東入、『kátte(カッテ)』さん。

IMG_5506

女性お二人でされているカフェなのですが、いやしかし、その説明では全く足りません。

というのも、〝女性お二人でされている〟と聞くとどんなお店を想像するでしょうか。私がその質問をされたら、「店員さんの雰囲気から、内装も照明も什器も、でてくる食べものも、きっと何もかもが、かわいらしいカフェなんだろう」とイメージします。いや、実際もそれはそうなんですが、それだけにはとどまらないのがkátteさん。

ケーキやベーグルサンドの他に、パスタや一品料理、珈琲や紅茶の他にお酒やオリジナルのドリンクも置いてはって、1日の中のどの時間帯の自分のお腹も満たしてくれるメニューがあります。(そしてなんと23時まで営業してはります!なんてことだろう)

しかもとにかく出てくるものが全て、バランスがよい、そして美味しすぎる。

この日は20時半頃に伺って、ごはんとお酒を注文しました。ビールフェアをされていたので、飲んだことのないケストリッツァーというドイツの黒ビールをいただきました。

IMG_5505

↑塩豚と白いんげん豆のトマト煮込み、とケストリッツァー。(この塩豚、柔らかく煮込まれていて、口に入れたらふわーっとほどけてトマトの酸味と豚の甘みが広がり、たまらない美味しさでした。また食べたい。)

私は今年で33歳なのですが、30歳を越えてから外で一人でお酒を飲みたいなと思うことが増えました。しかし、そういう時にパッと行きやすく、しかもごはんの美味しいお店というのもなかなかないんですよね。(京都スタッフ、同じくアラウンドサーティー板倉さんにも教えてあげよう)

こちらは素敵な夏のドリンク、エスプレッソ グラニータ。

IMG_5504

kátteさんの珈琲、ほんと美味しいんです。このグラニータもほろ苦いエスプレッソの味がしっかりとしていて、上に乗ったホイップクリームの甘さ加減、量のバランス、すべてが絶妙です。

IMG_5503

(↑こちらは以前から好きなウインナーコーヒー。)

いやー、kátteさんの凄さ、ここだけでは伝えきれません!いつも口に入れては一人で静かに感動してしまいます。
とにかく一度足を運んでいただきたい、教えたいけど教えたくない、そんなお店です。

IMG_5502

余談、これは私が勝手に永沢くんと心の中で呼んでいる照明です。

Wi-Fiとんでます。