旅の手帖 日光

9月某日。
お母さんと2人で日光に1泊2日、母娘旅に行きました。

東京駅に集合し、宇都宮までほんの1時間程度の新幹線。平日なので旅目的な人より出張風の会社員が多めの車内で浮かれ気分で駅弁朝ごはんを食べつつ、お喋りが止まらない母娘。
IMG_7634
宇都宮に到着し、ローカルな日光線に乗り換えると、4両しかない電車内で、ほとんどが外国人観光客。ここでぐぐっと世界遺産に向かう気持ちが盛り上がります。

ほのぼのとした日光駅に到着し、いざ日光東照宮へと、世界遺産巡りバスに乗り込みます。
紅葉の季節はまだまだなのに、観光客がたくさん!さすが世界遺産。
IMG_7633
子供の頃、何度か家族旅行で来たことがあるはずの日光東照宮ですが、大人になってみると凄さがわかる歴史的建造物。新しくなった陽明門の煌びやかさと、眠り猫をはじめとする様々な動物達が表情豊かに境内のあちらこちらに彫られています。
上ばかり見ながら歩いているので、何度もつまづく私に、ちゃんと前向いて歩きなさいよと、お母さん。そんなお母さんは、私が説明書きを読んでる間にさっさと次に行こうとするせっかちさ。こういうところは歳を重ねても変わらない母娘の関係性。
こんなに入ってすぐなところに無防備にあるのが、あの有名な見猿聞か猿言わ猿?いや違うでしょー!これ、見本じゃない?ホンモノは奥の方になかった?…などと言いながら入る時は見向きもしなかったお母さん。
帰りに懸命に写真に収めていました…。だからさ、説明読もうよ。
IMG_7632
日光東照宮から歩いて二荒山神社へ向かう途中、カフェでランチをし、御庭が見事な田母沢御用邸を急な雨の中散策してから雷がゴロゴロ鳴って来たので、早々にお宿にチェックイン。

今回は日頃の感謝を込めて、お母さんをおもてなしする旅なので、少し奮発した温泉宿。ロビーラウンジではウエルカムドリンクのお抹茶と和菓子、建物は森と小川に囲まれてて、中庭もお見事。
選んだお部屋には広いベランダがありチェアー付き。
露天風呂や貸切風呂、湯休み処にはマッサージ機や高原牛乳、雑誌や本がたくさん用意してある、まさにお母さん好み!と、いうより私好み!
普段の旅行ではこんな部屋泊まったことないから自慢すると、お父さんに電話。電話の向こうで次は俺も誘ってくれよと言ってますが、今回の旅だってお父さんのことも誘いましたよ?それなのに、文化祭に出るから忙しいと、高校生みたいな理由で断ったのはお父さんです。
ご飯を作らなくて済むのが旅行してて1番嬉しいことだと、お母さん。お宿での夕ご飯、朝ご飯をとても嬉しそうに食べていました。
もちろん温泉にも何度も入ってお肌ツルツルのご機嫌2人が向かうのはバスで1時間程の中禅寺湖。
途中、本当は寄る予定ではなかったのですが、快晴だったので、せっかくだから登ってみようと、明智平ロープウェイに寄り道しました。
年季の入ったロープウェイで登ると、見晴らし台からは気分爽快な景色。
IMG_7631
ますますご機嫌な2人で華厳の滝を見学し、中禅寺湖で遊覧船に乗ってちょこっとだけ紅葉している景色を楽しみ日光駅に戻りました。
帰り道、これまた出張帰りな会社員に囲まれつつ東京駅まで最後のお喋りタイム。
これぞ女子旅、母娘旅な1泊2日を東京駅での親子丼で締めました。
普段はバタバタしててあまりぼーっとする時間も無いお母さんですが、少し気分転換になったかなと、なっていたら良いなと、ぼーっとするのが得意な娘は思うのでした。
IMG_7630
さて、次はどこに行こう。