title_masakojam

「2月は初カンボジア」

あけまして<2018>おめでとうございます。
今日12日は2018年初のパンの日。夕食のパン選びに気合が入りそう。
な・の・だ・が、タイ/チェンマイ生活2日目で、きっといつものリンピンスーパーマーケットのインストアベーカリーのいつものパンを食べるに違いない。でも久しぶりなのできっと昨年よりもおいしいはず♪
その前に変わっていないことを祈る。
今はまだ一歩外に出れば息が白い極寒の北山(実家)。あと数日がまんすればあったかいチェンマイ。11月ごろから次第に涼しくなり、1月は日本の秋くらいのいい気候のはず。乾期で毎日お日様☼サンサン、日中は街歩くをしていると汗がでるけれど、ノースリーブで歩くにはちょっと涼しいくらい。
過去2年間は1カ月の滞在だったのでどこにも行かずチェンマイを満喫していたが、今年は2カ月の予定なので途中でカンボジア旅行に出かける。
以前にチェンマイからベトナム、ミャンマー、ラオス、スリランカへ旅をした。近隣国で残ってるのはカンボジアだし、アンコールワット遺跡群はぜひとも訪れておきたい。

カンボジア

ミャンマーで知り合ったベルギーの女子は東南アジアの旅行中で、カンボジアの食事が一番おいしかったと言っていたので、どんなものを食べられるのかたのしみ。好き嫌いがほとんどない私は大抵のものはおいしく食べられるし、野菜があればなんとかなる。とはいえパンやお菓子がおいしくない国へ行くと痩せこけてタイへ帰ることになる。フランス領になっていたベトナムとラオスはなんちゃってフランスパンがたくさんあってまあそこそこって感じだったし、スリランカもインド風のへちゃんこパンやふかふかパンもたくさんあっておもしろかった。そんなつもりではなかったのに炭水化物ダイエットになってしまったのはミャンマー。大変失礼かもしれないが、ミャンマーのパンは残念賞。ごはんを食べる習慣がないので野菜料理やお肉を葉っぱに巻いて食べていた。2週間ほどの旅で自分でも痩せたなって思うくらい痩せた。でもミャンマーはとても魅力的な国だったので、名残惜しいミャンマーとのお別れだった。次回はパン持参でミャンマーかな(苦笑)
さてカンボジア。日本並みのおいしいパンがあるとは思えないが、not so badぢゃなければ〇 ま、なんとかなるさ~(^^♪
カンボジアパン報告は3月予定。

ぢゃ、2018年もどうぞよろしくお願いします(^^♪

*まさこぱん*


著者プロフィール

月刊連載『NO BREAD NO LIFE』(まさこジャム)毎月12日公開
icon_jyam

渡邉まさこ(わたなべまさこ)

愛パン家(ときどきパンライター、アドバイザー、審査員。)
その昔「パンの会」主宰