title_masakojam

アスパラガス

地球温暖化なのか今年が早く暖かくなったのか、今年の桜は例年よりも早く咲いた。実家の北山/蓼科のお寺さんの桜はGW中のたのしみのひとつだったのに、今年は昨年よりも約2週間も早く満開になりGWはすっかり葉桜だった。
山菜類も出が早い。今年のGW中のたのしみは山菜と旬の野菜。「花より団子」料理三昧の合間をぬって母と藤や山しゃくなげなどのお花見へも行った🌸
GW中白樺湖の別荘にやって来た父の友人を昼食に招待。山菜と旬の野菜の天ぷらとそばでもてなした。母が山で採って来たコシアブラ、お隣さんちのウド、地場産のアスパラガスとシイタケ、タケノコ、新玉ねぎを揚げたて生そばをゆがいた。そして切り干し大根、切り昆布、きんぴら、凍豆腐などの私のパンのおともの常備菜と一緒に食べてもらった。「おいしかった」と帰って行ったが、まさかイマイチだったとは言えないだろう(苦笑)

実家がある辺りでもアスパラガスを育てている農家があり、農協の地場産コーナーにはGW前から早々と立派なアスパラガスが並んでいた。今年は早い! GW後半にはそれはもう極太グリーンアスパラガスがわんさか。4~5本で300円。ときどき母とオーブントースターで焼いたり茹でたりして食べていた。
そんなある日、庭の花壇の中にひょっこりアスパラガスが生えた。
c_jyam28-1
今までも別なところにひょっこりひょろっと生えていたが、今年は花壇の中に移動? 天ぷらの残りのアスパラガスのもあったので、昨日の母のランチにアスパラガスのサラダを作った。朝花壇のアスパラガスを折ると、水(アスパラの汁?)がはじけ飛んだ。思いほのか簡単に折れたので、もうちょっと下の方まで食べられそうだと思い、もう5センチほど折り食べてみた。シャキシャキ。ちょっと皮の繊維が気になるが、みずみずしくて甘くておいしかった。キッチンに持って行く間にもその汁はポタポタ垂れるほどでそのみずみずしさに感動。アスパラ狩りってのがあったら行ってみたい!
天ぷらの残りのアスパラガスは茹でて、我が家のちょっと貧弱だけどみずみずしいアスパラガスは生で。カットして両者を混ぜてポーチドエッグをのっけた。
c_jyam28-2
母のランチまでにちょっと時間があったので、ドレッシングもかけていないしたまごは割っていないが、食べるときにはとろとろポーチドエッグとアスパラガスを和えながら食べてもらった。「おいしい」と母。パンに合うことはわかっていたが、母はごはん党なので主食はごはん。
午後母と農協へお買い物へ行って、またアスパラガスを買って来た(^^♪
冷蔵庫にはコシアブラ、ウド、コゴミ、コレイ、フキもあり、まさこ食堂はしばらく山菜続きになりそう。旬の野菜と山菜料理とパン。春をパンでたのしも~っと(^^♪

*まさこぱん*


著者プロフィール

月刊連載『NO BREAD NO LIFE』(まさこジャム)毎月12日公開
icon_jyam

渡邉まさこ(わたなべまさこ)

愛パン家(ときどきパンライター、アドバイザー、審査員。)
その昔「パンの会」主宰