title_masakojam

「マレーシアの松原君」

日本のパン友が寒くてパン屋さんへ行くのに二の足を踏んでいる2月5日、暑いタイ・チェンマイからもっと暑いマレーシアのクアラルンプールへ旅に出た。

今までタイからの旅行は2週間ほどだったが、今回はちょっと短縮して10日間の旅。世界遺産のマラッカやペナン島のジョージタウンを訪ねることが目的だが、それに勝るとも劣らない目的が松原君に会うことだった。2005年におしまいにしたパンの会のイベントではかつて彼がシェフを務めていた恵比寿のmaduにはずいぶんお世話になった。彼に出会ったのは彼がまだ銀座の木村屋総本店で働いているときで、お互いに25歳くらいだったと思う。彼は木村屋の後maduでベーカリーシェフを務め、その後クアラルンプールのツインタワーにオープンするパン屋さんの立ち上げのためにクアラルンプールへ行ってしまった。12年ほど前のことだ。彼が東京にいる頃はポチポチ会っていたが、さすがにマレーシアまで松原君に会いに行くこともなかったが、彼の様子は共通の友人知人&face bookをやっている姉から聞いていた。いつか会いに行けたらいいな~と思っていたが、そのチャンスがようやくやってきた。マレーシア行きを決めてから彼に連絡をして、13日に彼のお店を訪れることに決定。14日にチェンマイへ帰るので、松原パンを買って帰ろうと目論んで13日にセッティングした。

2月12日にクアラルンプールへ移動するまでのマラッカとペナン島のことはまた次回書くことにして、今回は松原話にしよう。

同じ年で昨年半世紀の誕生日を迎えた彼は、最後に会ったときよりは少しふっくらしていたものの、それほど変わっていなかった。数年前に結婚して今は女の子のお父さん。ツインタワーのお店は人気だったし、ランカウイ島にも出店。ランカウイ店でパンを食べたことがある友達(彼女の話は次回)は「すごく好きだった」と言っていた。私もmadu時代の松原君のパンは大好きで、特に彼のリュスティックが好きだった。同じ年であれこれ頼みやすいこともあり、パンの会のイベントの時には通常販売されていないクランベリー&ピスタチオリュスティックを作ってもらった。今でもいつでも食べたい!! クアラルンプールの彼の店に行けば食べられるとわくわくしながら、クアラルンプール滞在の日を指折り数えてた。

ある日彼と連絡を取り合っているとき、現在彼がパン作りの現場に入っていないことが判明(*_*)目論見が甘かった(残念)
彼が焼いているわけではないが、彼のレシピの彼のパンに違いはない。

お店の場所を教えてらもうために彼のお店のホームページを見ると何やら恐ろしく立派。
http://www.taufulou.com/b-lab-verve-shop-at-mont-kiara-kl/

13日の夕方訪れた彼のお店はパン屋さんというか、パンもあるレストランでとても立派だった。大きな建物の一階の路面店で、並びにはコンビニ、奥にはスーパーマーケットもある。日本人が多く住むエリアらしく、私が滞在した3時間ほどの間にも何人かの日本人のお客さんが訪れては彼とおしゃべりをしていた。
お店のスタート時はかなりバタバタしたらしいが、今は彼がお店にいなくても回るようになっている。彼はあちこちに設置したカメラからの映像で管理(15分おきにチェック)をしているそうだ。立ち上げのことや今の状況のことなど感心するばかりの私。いつの間にかすごいひとになったんだね~、松原君(^^)d
お店のスタッフはミャンマー人が多いらしいがうまく回っているし、今の彼の本業⁈の子育て(笑)に専念できるようで〇
パンは「俺がつくったんじゃないけど」と言いながら出してくれたバゲットもおいしかったし、タイまで持って帰った食事パンのセレアルやライ麦パンもとてもとてもおいしかった。自家製酵母を使ったパンもライ麦パンも酸味はないし(マレーシアでは酸味があるパンはダメらしい)食べやすい。翌日チェンマイで食べたときもおいしいので生食いだった(^-^)v
彼のレシピだもんね~、ちゃんと指導して作ってもらえればおいしいに決まっている。

話しは尽きなかったが「また来るよ」と今回はパンを抱えてサヨナラした。
同世代、特に同じサル年の友達が活躍している姿を見るのはとてもうれしい。
チェンマイへ戻ってからしばらくパンを食べながらご機嫌に過ごした。
彼は私たちが去ったあとミャンマー・ヤンゴンにパンの講習会へ行ったそうだ。
これからもどんどん活躍してくれることを願っている\(^^)/

dav dav

dav dav

注)借りものスマートフォンで写真を撮る予定が充電器のコードを忘れた(^^; 今回の写真は後日松原君に送ってもらったもの。
注2)店頭のパンは冷めたらすぐにビニール袋に入れている。虫や衛生面を配慮してのこと。私が訪れたときはバゲットのみが無袋だった。

*まさこぱん*


著者プロフィール

月刊連載『NO BREAD NO LIFE』(まさこジャム)毎月12日公開
icon_jyam

渡邉まさこ(わたなべまさこ)

愛パン家(ときどきパンライター、アドバイザー、審査員。)
その昔「パンの会」主宰