title_masakojam

「あんぱんの日」

4月4日はあんぱんの日。明治8年(1875年)明治天皇へあんぱんを献上したことから「あんぱんの日」になったそうだ。献上したのはあんぱんといえば。。。ほとんどの日本人が知っている木村屋總本店。あんぱんの日に関してもホームページに大きく記載されている。https://www.kimuraya-sohonten.co.jp/ec/2013anpan

あんこは大好きなのであんぱんはもちろん大好き。タイにいる間もあんこ食べたい「あんこ病」になるくらい。今年はマレーシア/クアラルンプールの松原くんのお店でまるで私のためかというようにひとつだけ残っていたあんぱんとあんこを使った菓子パンいくつかをいただいたので、タイでは小豆を炊いてあんこを作ることはなかった。
そういえば生まれて初めてお豆さんを炊いたのも小豆だった@オーストラリア/タスマニア島。初めての上に教えてくれるひともいなかったし、インターネットなんてなかった時代なので初回は失敗しちゃったけどね。十分にやわらかくなる前に砂糖を入れてしまったのでかたい煮豆になってしまった(涙) 以来30年以上お豆さんを炊いて炊いて炊いて、今ではいつもおいしい煮豆を炊いてくれていた亡きおばあちゃんに負けないくらいの腕前になった、と思う。ときどきちょっとかためになっちゃうことはあるけれど、初回のときのようなことはない。

3月15日に帰国してからも何度かお豆さんを炊いている。実家では気合いを入れて丹波の黒豆を炊いた。そして3月の終わりに上京してからは「白小豆」。小豆はあの小豆色のしかないと思われているが、実家の地場産コーナーには普通の小豆はもちろん、黒小豆や白小豆も並ぶ。たくさんは出て来ないので見かけたらすぐに買うようにしている。味わいも微妙に異なり、普通の小豆が上白糖だとすると黒小豆は黒糖、白小豆は和三盆糖のよう。さらっとした上品な味わいの白小豆を炊いて、あんぱんの日は三角サンドをつくった。プールで泳ぎながらどの形にするかずっと考え三角に決定。尖った所から食べるのが好きな私には三角が◎ 白小豆だけのと冷蔵庫に眠っていたリンゴンベリーをちょびっとアクセントにしたものの2種類。あんこと甘酸っぱいリンゴンベリーとの相性は予想以上のおいしさで花丸。苺大福があるんだからイチゴあんこサンドも考えたが、水っぽくなるのが嫌でリンゴンベリー。食べるときに色が見えないのが残念だったけれど、作っているときはウキウキ♬ 好物のイチゴのショートケーキと同じ色合いだから♡ 
あんこと甘酸っぱいジャムのサンドイッチ*春のおやつに作ってみてね~♡

c_jyam38

*まさこぱん*


著者プロフィール

月刊連載『NO BREAD NO LIFE』(まさこジャム)毎月12日公開
icon_jyam

渡邉まさこ(わたなべまさこ)

愛パン家(ときどきパンライター、アドバイザー、審査員。)
その昔「パンの会」主宰