title_tamami

“clean greenのススメ”

最近、みどり贔屓である。
ランチの後、オフィス裏にできたお茶屋さんで抹茶タピオカラテをテイクアウトしたり、仕事帰りにGinza Sixの中村藤吉で生茶ゼリーを頂いたり、スタバでマッキアートのつもりが抹茶フラペチーノに心変わりしたりと新緑に誘われ、とかく心が緑を追いかけている。

常日頃から友人が私の生活範囲で良さげな店をラインで知らせてくれるのだが、そんな時、ジャストな抹茶店が流れてきた。西荻のGINAでピッツァを頂いた後、向かったのがそのSatén Japanese teaだ。
半袖が心地よい晴天。オーダーしたのはアイスの抹茶ラテ。手慣れて軽やかな茶筅の音、運ばれてきた抹茶ラテはこの美しさだ。

c_tamami39-1

上層の抹茶はもちろんまだ温かいが、牛乳がかなり冷やされているのか、氷は二つしか入っていないのにかき混ぜて飲んでも気になるヌルさは微塵もない。
徹底的に温度計算がされているのだなぁ、飲み終わるまで不思議と氷は溶けきらず味が薄まらない、イコール最後まで味のバランスは最初の一口目とほぼ変わらないというロングキープテイスト。
専用のキビ糖シロップで甘さを調整する点においてもサラサラ液状で甘さで味を重くしないという配慮がある。どれをとってもスマートなので、その美味しさアナタってお美しくてしかも賢いのですね、という才色兼備なラテだった。

c_tamami39-2

細部にまで心が行き届いた抹茶ラテは瞬時に自分ランキングNo.1。あなたも緑で気分スッキリしませんか?

Satén Japanese tea
https://saten.jp/


著者プロフィール

月刊連載『153.1 × manger』毎月18日公開
icon_tamatamami

東京生まれ、東京育ち。
いろんなコトしてきました的東京在住人。
主に食、ほか、アート、映画、ファッション、五感に響いたものを写真と言葉で綴ります。