【 鶏もも肉のパプリカ風味とバターライス 】 2016年3月16日 本日の賄い

前日の筑前煮をつくった際に出汁が多く出来過ぎてしまったので、冷蔵庫で保存して翌日の賄いで何かにつかおうと考え、この献立にしてみました。
スタッフにそれが “昨日の筑前煮のときの出汁” であることを伝えると、みんな驚き、「まったくわかりませんでした」「完全に洋食の味しかしません」と言っていたくらいなので成功だったと思います(自分でもおどろくほど美味しかったです)。

材料(9人分)
・お米 4.5合
・鶏もも肉 2kgくらい
・玉ねぎ(スライス)2個
・小麦粉 適量
・パプリカ 適量(結構多め)
・筑前煮をつくったときの出汁 適量
※出汁がなければ、鶏がらスープの素でつくった出汁を使用してください。
・無塩バター 適量
・オリーブオイル 適量
・パセリ(みじん切り)適量
・ローリエ 2枚
・塩 適量

image

1. お米を炊く時にバターを適量、一緒に入れて炊いておきます。
image

2. ボウルに小麦粉とパプリカを適量(計っていませんでした・・・)入れて混ぜておきます。
image
image

3. 鶏もも肉は黄色い脂を取り除き塩をして、2.をまぶしておきます。
image
image

4. オリーブオイルを熱したフライパンにバターを加え、3.の皮側だけを焼き色がつくまで中火くらいで焼きます。
image

5. 鍋にオリーブオイルを入れて熱し、玉ねぎがしんなりするくらいまで火を入れます。塩少々。
image
image

6. 玉ねぎがしんなりしたら、その上に4.の鶏もも肉をならべ、鶏もも肉がつかるか、つからないかくらいの量の筑前煮の出汁を加え、ローリエも入れます。出汁が少なく足りない場合は、足りない分だけ水なりを足してください。
image

7. 中火くらいで灰汁を取りながら20分ほど煮ます。このときはまだ筑前煮の味が残っていると思います。筑前煮でごま油を使用していたので灰汁だけでなく、浮いてきた油、余分な脂もできるかぎり取り除きます。
image

8. 鶏もも肉を取り出し、鍋に残ったソース(出汁)に好みの味になるようパプリカを加え混ぜます。この時点で味が薄いようなら煮詰めます。
image
image
image

9. 今日のものは、ソースとしては濃度が足りないと思ったので、小さなボウルに 2.(小麦粉とパプリカを合わせたものの残り)と少量の8.(ソースの一部)を入れてよく混ぜ、これを8.に戻してしばらく火にかけて濃度をつけました。
image
image
image

10. お皿にバターライスを盛り、食べやすい大きさに切った鶏もも肉をならべ、9.のソースをかけてパセリをふったら完成。
image
image