銀閣寺 㐂み家

京都は、すっかり梅雨でして、蒸し暑い日が続いております。
ということで、涼しげな甘味をもとめて、今日はこちらまで行ってきました。image

「㐂み家」さん

赤メックを出発して、今出川通りをひたすら東に自転車で20分ほど走りぬけると、いつかの6月にも来た憶えのある、この場所にたどり着きました。(そうだ!中学の修学旅行であります。)
image

銀閣寺の近く、哲学の道。

㐂み家さんはここのすぐ近く、鹿ヶ谷通り沿いにございます。
名物は「豆かん」。

甘く煮た赤えんどう豆、寒天、黒みつ。
シンプルな組み合わせです。
赤えんどう豆は、柔らかすぎず、程よい硬さを残して煮てあって、そして、ほんのり塩味が効いています。(黒みつと本当によく合うんですよね)
餡や白玉、バニラアイスなど、お好みで組み合わせられます。
今日は白玉豆かんにしました。
image

余談ですが、私は、小学生の頃、クッキーやらゼリーやら、やたらとお休みの日に作るのがすきな子供でした。
白玉も作ったことがあります。

白玉粉と水を合わせて捏ねたときの、あの独特のグッ、グッという感触と、
「水加減は耳たぶくらいのかたさで」という説明を本で読んだ時の、説明ののみ込めなさ、
湯がく時、始めは下に沈んでいるけれど、出来上がると水面にぷかぷか浮かんでくるあの感じ。
そんな小学生の頃の記憶とともに、懐かしい気持ちでいただきました。

今日は梅雨にも関わらず良い天気で、お店の外に出ると、日差しがきつく、まあ暑いこと、暑いこと。
夏はすぐそこまで来ていますね。
(いや、もう少し先ですかね…)
image