楽器を弾こう

私がピアノを始めたのは何歳の頃だったんだろう。
もちろん最初の曲はあの「猫踏んじゃった」
多分日本人がピアノで1番最初に弾けるようになった曲ランキング1位であると思う(そんなランキングないと思うけど)
お姉ちゃんがピアノを弾いているのを聴いて、弾きたいなーと思ったのが最初。

そして次に挑んだのが無謀にも「エリーゼのために」
今思えばなんで?(笑)
なんで急にそこチャレンジする?(笑)
でももしかしたらこんなにピアノが好きになったのも、弾けるようになったのもそのおかげなのかもしれない、と思います。根拠はないけれど。。
もちろん「エリーゼのために」は途中で初心者じゃ絶対に弾けない所でつまづいて途中で断念したまま。
そこからどんな風に弾けるようになっていったのかはよく覚えていない。

私は‪一時‬期、ピアノを習ってみたりしましたが、やっぱり決められた曲を楽譜の強弱通りに、テンポ通りに弾くのはなんか違うなぁと思ってしまい、なんとなーくやめてしまいました。
ここで思い出すのは初心。
まだ全然楽譜にも慣れていないのに弾き始めた「エリーゼのために」
きっと弾こうと思った理由は、綺麗だから、とかこの曲を自分の思うように弾きたいという単純な理由。
音楽をやっていると、色々と感情豊かになる、とかって本当だと思う。
楽譜なんて無視してしまえば、自分の弾きたいように演奏できる、簡単なことだけど意外と「習っている」と難しい気がします。

色々書いてみてはいますが、なんでもいいからピアノ弾きたい!って思えるのは幸せだと思うのです。
楽器で表現できるって素敵ですよね。
それだけで人より少し感情豊かになれる気がします。

私は今からやろうとは思いませんが、来世ではギター弾ける人になりたいなーって思います。
弾き語りって、かっこいいですよね。
かっこいいからという理由だけですが…
もし私が来世でギター片手に歌っていたら、応援してくださいね(笑)

image