“R”の付与

“R”の付与

““R”の付与” 大好きすぎて死にそうである。
愛するものにはそのくらいの高まりが欲しい。では、キミにそんな店 …

日常の食堂へ

日常の食堂へ

“日常の食堂へ” ガラにもなく忙しさが続きかれこれ二ヶ月もレストランに行っていない。 終電まで働いて、ヒーヒー …

発酵という新しさ

発酵という新しさ

“発酵という新しさ” 29歳の安田翔平シェフ率いる話題の新店KABIは日本食材と発酵料理で綴るコース。 18時 …

週末の遠足

週末の遠足

“週末の遠足” 鎌倉に降り立ったのは軽く10年ぶりくらいだけれど、なんとしても行かなければの店がここ。築地から …

国産天国

国産天国

“国産天国” 久しぶりのTsu・Shi・Miは相変わらず1日1組のこだわり。全て都志見シェフ一人での作業のため …

カフェ、それとも?

カフェ、それとも?

“カフェ、それとも?” 「シェフが変わって今すごく面白いよ」と食べ友から連絡が入ったのは夏の終わり。店名で調べ …

An Ode to you

An Ode to you

“An Ode to you” 今オススメするレストランといえばここだろう。今年後半、最も注目されるであろう、 …

一番近くて遠い店

一番近くて遠い店

“一番近くて遠い店” さあ、さあ、いざ!待望の「銀座しのはら」。どんなにこの日を待ったことだろう。 実はここ、 …

遥々だっていく理由

遥々だっていく理由

“遥々だっていく理由” 東京から福岡へ飛び、博多南線という一駅だけのローカル新幹線に乗り、そこからタクシーで山 …

男色濃厚

男色濃厚

“男色濃厚” 男、男、オトコ。 ホールの大半は男性客の図は壮観。今麻布で光っている店といえばここだろう。元カン …

軌跡

軌跡

“軌跡” 以前にも書いたが、ビルの二階にありながら看板なし、ドアも壁紙とほぼ同じという、入り口どこ …

外苑前の海

外苑前の海

“外苑前の海” 初めてここを訪れたのはオープンして間も無くの頃。カンテサンス出身の若手シェフで「魚 …

いつもそこにあるもの

いつもそこにあるもの

“いつもそこにあるもの” 8年前に出会ってからいつ行ってもメニューは同じ。増えるどころか減っていた …

坂の街で王道

坂の街で王道

“坂の街で王道” 最近、非常に真面目に仕事に勤しんでいる。カードを使ったのはいつだっただろうと考え …

傳入国

傳入国

“傳入国” 今や日本国内のみならず、世界が注目する日本料理“神保町 傳(デン)”が、2008年のオ …

“ふざけていません”

“ふざけていません”

“ふざけていません” 新宿3丁目の雑居ビル。 “オステリア”の看板はあれど、知らなければ二階へ上る …

スパニッシュ熱

スパニッシュ熱

スパニッシュ熱 大好きなのはフランス料理、次にイタリアン。 だが、和食も、時にアジアン、中華もいい。 でも今、 …