BALMUDA The Toaster 編
スタッフの引越し祝いにあげて感想を聞いていたら噂通り絶賛の声が続いていたこれ、
やっと我が家用に購入しました。
image-08-01-16-09-00-13
シンプルなデザインでカッコイイです。
送り先を間違えて店に届いてしまったため、せっかくパンは売るほどあるので店で試してみることに。
image-08-01-16-09-00-12
上部には、わかりやすくリベイクの目安時間が書かれています。
image-08-01-16-09-00-11
ここから5ccの水を入れます。
image-08-01-16-09-00-7
トーストのモードにセット。
image-08-01-16-09-00-10
タイマーの点滅も音もかわいくて感じいいです。
image-08-01-16-09-00-8
image-08-01-16-09-00-9
蒸気で窓は、こんな状態。
使ってみるまでは、蒸気が出ることで焦がすことなく外はサクッと中はしっとり・・・「なるほど、納得。」と勝手に想像していたけれど、ここで驚き。
ヒーターが頻繁に点いたり消えたりを繰り返します。
「とても丁寧な仕事をしている」という印象。
 
それともう一つ。
タイマーは、そろそろ焼きあがる時間に近づいているのに表面に焼き色が付く気配がない・・・と不安になりかけた直後、一気に焼き色が付きました。
それはもう、最強の追い込み馬、ディープインパクトかヒシアマゾンの末脚を思い起こさせる一気さ。
image-08-01-16-09-00-6
image-08-01-16-09-00-5
 いや〜噂通り、よくできたトースターです。
クロワッサンもリベイクしてみました。表面を焦がす心配も無さそうなのでホイルなども被せません。
image-08-01-16-09-00-4
image-08-01-16-09-00-3
 image-08-01-16-09-00
ぼくらは、お客様にクロワッサンなどをお渡しする際、少しでも状態の劣化を抑えるためにビニール袋で包装せず紙袋に入れます。
リベイク後のものを見ても写真なので違いが伝わりにくいと思いますが、このクロワッサンは二次加工用のためにビニール袋に入れたものだったのですが・・・驚きの結果でした。
バルミューダさん、業務用に自動給水のものを作ってくれないかなぁ・・・
きっと、カフェなど需要がかなりあると思うんだけど。
«                    »

西山 逸成

代表取締役製造補助

Le PetitmecとRéfectoireの隊長をやっています。