今夜、すべてのバーで 3.

前回のつづき
最近、若い人があまりお酒を飲まなくなったのが何故なのかということを、何となく考えてみる。
「時代が変わった」と言ってしまえばそれまでなんだけれど、大局的に考えるとそういうことなんだと思う。そこで、時代の何が変化したことで、若い人たちの飲酒に影響を及ぼしたのかを想像していたら3つ思いつくことがあった。
中でもやはり一番の要因は、若い世代の娯楽が変わったということ。それはスマホの登場が、ここにも大きな影響を及ぼしたんだと思うんだけれど、スマホのことはまた別の機会に書くことがあると思うのでここでは割愛。

次に “いつ頃から世の中がそんな雰囲気になったのかなぁ” と思っていて、1つの言葉を思い出した。
“夜カフェ” ・・・そうだ、恐らく間違いない。もう何年くらい前のことかまでは覚えていないけれど、一時期はどの女性誌を開いても、この何とも微妙な “夜カフェ” という言葉を散見したような気がする。
“昼はカフェでお茶(コーヒー)、夜はやっぱりお酒でしょ” といった一般的な不文律を破壊したのが、この “夜カフェ” だったんじゃないかと思えてならない。
お酒を飲めないお前が言うなって話なんだけれど、とりあえずそれは置いといて。
この “夜カフェ” という言葉は何とも微妙なせいか、記憶が曖昧なことを思うと言葉そのものは短命に終わったに違いない。それでも ”夜にお酒でなくお茶(コーヒー)という雰囲気” だけは、定着することになった(あくまでもぼくの主観による仮説なので、真剣に読まないように)。

そしてぼくが時代の変化と共に変わってしまったと思う要因の3つ目は、”ヒーローがいなくなってしまった” ということがある。これを、ぼく的に意訳すると “松田優作さんがいなくなってしまった” ということになる。

つづく

 

 

img_6956

 

«                    »

西山 逸成

代表取締役製造補助

Le PetitmecとRéfectoireの隊長をやっています。