Bar トースト、オープン。

以前、こちらでも「もうすぐ」とお知らせしていた親友のバーが、ついにオープンした。

IMG_2149

“ついに・・・” というのは、当初予定されていた開業の時期から何度かの延期を繰り返し、オープンが遅れていたから。
こういった改装工事の遅れなどでお店のオープン日(開業日)が延びるといったことはよくある話なんだけれど、お店をする当人にとっては当然焦りもするし、不安にもなる。なかなか決まらない物件探しの時からそんな佐伯さんを見ていただけに、無事にオープンできたことに嬉しさもひとしお。

4月20日から3日間はプレオープン(オープニングパーティー)が行われ、初日と2日目にも、すでにぼくの友人、知人の中にも行ってくれた方がいた(ありがとうございました)。
この2日間だけでもお客さんが200名超えだったそうだから、佐伯さんの社交性の広さ、相変わらずの人気ぶりはさすが。

IMG_2147

「29日が一番空いていると思います」と佐伯さんから聞いていたぼくは、最終日の3日目にお邪魔することにしたけれど、お店へと続く階段の踊り場には、置き切れないほどたくさんのお祝いの花とドアの外にまで聞こえてくる楽しそうな喧騒。
恐るおそるドアを開けてみると、やっぱり大盛況だった。

IMG_2148

お酒が飲めないぼくは、カウンターの一番端でマンゴージュースやジンジャーエールを飲みながら佐伯さんや紹介してもらった方々と話をしていたんだけれど、”お客さんが雰囲気のある方ばかりだなぁ、東京っぽいなぁ、いや、バーというのは、そういうところなんだろう・・・” と思っていたら、「ほとんどが広告関係(業界)の方々です」ということで納得。といってもお客さんは気さくで楽しい人ばかりだし、敷居が高いというわけでもない。
佐伯さんの魅力はもちろん、カウンターに立たれる園さん(正しくは、園田さん)も男前な上にとても個性的で楽しい人なので、これまでの人生でバーとは無縁な生活を送ってきたぼくは、”やっぱり、バーというのは「(お店の)人にお客さんが付く商売」なんだなぁ” と改めて思った。
それにしても疲れているはずなのに、本当に楽しそうな佐伯さんが印象的だったなぁ。

佐伯さんのことを周囲の人たちは、みんな「たかちゃん」と呼ぶ。そういえば、あれだけ多くのお客さんの中で「佐伯さん」と呼んでいたのは、恐らくぼく1人だけだったと思う。「たかちゃん!たかちゃん!」と大勢の方から声を掛けられる中、いつも通り「佐伯さん」と呼んでいたぼくは少し浮いていた気がしないでもないけれど、知り合ってからずっと「佐伯さん」なので今更呼び方を変えることもできずにいる。
何はともあれ、念願の『Bar トースト』を無事にオープンできたこと、自分のことのように喜んでいます。

『オープンおめでとう!たかちゃん』

 

「BAR トースト」
150-0001
東京都渋谷区神宮前3-42-11
ローザビアンカ305
03-6206-4209
20時~4時、当分の間休みなし
FBページ

18157871_1853318811594542_495662325732050397_n

«                    »

西山 逸成

代表取締役製造補助

Le PetitmecとRéfectoireの隊長をやっています。