『 らくごソワレ vol.2 』

先月28日、レフェクトワールにて、『らくごソワレ vol.2』を開催いたしました。
お越しいただきましたみなさま、ありがとうございました。

270CD8B2-D69D-45C8-861B-92969483F9BE

タイトル通り、このイベントは、今回で二度目です(一度目)。前回は、もう二年前になるんだ・・・早いなぁ。

“カフェで落語会” という、恐らく前代未聞な、こんな突飛な企画を考えられたのは、TAKEO KIKUCHI本店の店長、中神さん。
そして、もちろん主役はこの方、桂雀々師匠
37EF42CE-B5AF-4D2E-806A-F469D3B49B18
写真左 中神店長、右 桂雀々師匠

うちも一夜だけ、”レフェクトワール演芸場” と化します。
高座も前回同様、こんな感じで。
C5E2DDF5-F8DF-4334-A631-D80C2508B8CB
CB6C9183-E663-4974-A5F3-71F593E165ED495EE91F-6B58-4AD0-93F5-A8CA8834E2A4
3A387581-E7F9-4E0A-8E26-711342E6A319
春風亭昇也さん

F52B23AA-3C00-4ABE-BBFC-FEDE64A7D077
65663435-492F-4D75-9EAE-139B0805AFC6
D2AB8096-5F31-40F2-BF5E-D4CF2C6CAC54
AC79F117-7064-4F42-89B5-E09EDA5D43E5

ぼくの感想は、とにかく “圧倒的” という言葉に尽きる。
ぼくは落語をよく知らないど素人なんだけれど、そんなぼくがどんどん引き込まれている事実こそ、噺家さんの高度な技術であり、芸なんだろうなぁと思う。

今回、雀々師匠が噺の中でもネタとして、おもしろおかしく少し解説されていたけれど、噺家さんによる模写などの技術の高さは、もう観る者を圧倒する。少なくともぼくは圧倒される。
特に食事の場面なんかは、”これこそ本物の芸でしょう” と思わずにはいられない。
噺家さんが、映画やテレビで役者として演じられた場合にも評価が高いというのは、ぼくにはとても納得がいくなぁ。

とにかく、最後まで笑い声が止まずな、とても楽しい時間でした。

桂雀々師匠、春風亭昇也さん、中神店長、楽しい時間をありがとうございました。
ぜひ、『らくごソワレ vol.3』もやりましょう!

「美味しい」、「かっこいい」、「すごい」も、いいけれど、人を笑わせたり、喜ばせるお仕事というのは、本当に素晴らしいなぁと、つくづく思った夜でした。

 

BE273FA9-3158-4B89-9A0A-88F93BA9CEDE

«                    »

西山 逸成

代表取締役製造補助

Le PetitmecとRéfectoireの隊長をやっています。