コーヒーのこと。1.

といっても、コーヒーについてのあれこれやウンチクを書けるような知識はぼくにはなく、そういった類いの話じゃないので、もし検索からうっかりここへたどり着いてしまった方がいらしたらタブを閉じるか、こちらへどうぞ。

レフェクトワールでお世話になっている
創作珈琲工房 くれあーるさん

ル・プチメック日比谷でお世話になっている
スペシャルティコーヒー Unirさん

 

日比谷の店がオープンして以来、ぼくらが想定していた以上にコーヒーが出るので、毎日頻繁にミルがコーヒー豆を『ガガガガガ・・・」って挽く場面に居合わせるようになった。
と同時に、辺り中に何とも良い香りが広がるものだから自然とコーヒーのことを考えるようにもなる。
そんなわけで、決して ”コーヒー論”、”日本におけるコーヒー史” といった高尚なお話ではなく、極めて私的な(そして貧相な)コーヒーの話を。

ぼくが子供の頃の残念な食環境については以前にもこのブログで書いているけれど、当時のぼくにとってコーヒーといえば、ネスレ社のネスカフェだった。もちろんネスカフェ アンバサダーなんて人もいなければ、ネスカフェ マシンなんて小洒落たものもない時代。
ダバダ〜ダバダ〜ってCMソングに「違いのわかる男のゴールドブレンド」というキャッチコピーが印象に残るインスタントコーヒーだった。それも正確には、うちの食卓に常備されていたのはゴールドブレンドではなく黒いフタに黒いラベルの方で、これは「 黒いラベル < ゴールドのラベル」から想像つくように、恐らく家計に占めるコストの問題だったんだと思われる。稀にゴールドブレンドが食卓に置いてある場合もあったけれど、「違いのわからない男」のぼくにわかったことといえば、”ゴールドブレンドの方が粒子が粗くてお湯に溶けにくい” 程度で、味についても ”飲み慣れている黒い方が美味しい” と感じるほどだった。

「美味しいから」と積極的に飲むというよりも「朝に飲むもの」という習慣から飲んでいたのが、ぼくにとっての当時のコーヒーだった。

つづく

ED7E8E5F-B2CA-40FA-8EED-212E71E20C3F

«                    »

西山 逸成

代表取締役製造補助

Le PetitmecとRéfectoireの隊長をやっています。